麹~KOJI~をもっと洋食へ|Atelier de Koji by CAMOSSONS 麹~KOJI~をもっと洋食へ【Atelier de Koji(アトリエ・ドゥ・コージ)】にお任せください!発酵マイスター上級麹士の資格を持つオーナーが、日本の国菌である「麹」を最大限に生かし、お子様からご年配の方まで安心してお口にでき、かつ手軽に美味しい味をお楽しみいただける調味料を甘酒ケチャップをはじめ様々にご提案致します!

白砂糖を甘酒に変える生活を始めてみませんか?

白砂糖を甘酒に変える生活を始めてみませんか?

甘酒 砂糖 代用コロナウイルスの収束の兆しがまだ見えず、不安やストレスを抱えて暮らしている方々も少なくないかと思います。イライラしてしまう事も多いし、家にいるとついついお菓子など甘いものに手が行ってしまっていませんか?

(という私もその誘惑との戦いの毎日です。)

 

 

でも実はそれは逆効果。白砂糖はとればとるほどイライラが増えます。それは白砂糖が血糖値を急激に上げ、インスリン分泌が起き、血糖値が落ちると又体が糖分を欲しがりというサイクルに入り、体に負担がかかっていく事による現象です。気が付いたらコロナ太り・イライラのしかめっ面になっていて、久しぶりに友達にあったら別人!?なんてことにならないようにちょっと対策を練りませんか?

 

今までこんなに自分の時間が出来たことが無いという方もきっと多いはず。折角だから何かここで一つコロナが収束するまでに体に良い習慣を取り入れてみましょう、ということで

 

【普段とっている白砂糖を甘酒に変えてみましょう!】

 

というのがアトリエドゥコージからの提案です。

 

日本の発酵食品に欠かせない微生物、それは【麹】

そこでまず、うんちくからお付き合いください。

 

日本の発酵食品は多くが麹菌から出来ています。

 

私が麹を使った調味料をご紹介する活動の中で【麹って知っていますか?】と

いうと、【あぁ、ちょっと前に流行った塩こうじの事ね】と答える人が多い事にびっくりさせられます。

 

そもそも私たち日本人が毎日のように口にする醤油、味噌、みりん、日本酒、米酢、等が麹がもとになって出来ているという事を知らない人が多いのです。これを読んでいるあなたは大丈夫です。。。よね 笑?

 

麹とは微生物であり、いわゆる菌ですが、稲穂や穀物に自然にやってくるカビの一種です。他の国にも生息はするらしいけど、日本こそこの菌を活用している国は無いという事で2006年に国菌と定められています。折角定めたのだから、もうちょっと国としてもプロモーションかけようよ!と思いますがそこはまだまだですね。。私的には麹の日を祝日にして設定し全国的に味噌を作るという動きがあってもいいくらい尊い菌だと思っているくらいです。

 

昔ながらに存在するこの麹菌は種麹と呼ばれる形に加工され、麹作りを営む人はこの種麹を入手し、それを穀物に繁殖させるところから始めます。麹はカビなので湿気がないと生息できません。30度前後の適度になると活発に活動が始まります。一般的には米に繁殖させた形で【米麹】という形で乾燥及び生の状態で流通していますが、この中には麹菌が出した酵素が沢山入っています。これを使うことで家で簡単に味噌や甘酒作りが出来ます。

 

 

甘酒はなぜ甘いの?

 

次はいよいよ甘酒はどう出来るのか?です。何故砂糖が入っていないのに甘いのでしょうか。

 

麹から作った甘酒と呼ばれるものの原料は米、米麹、水のみです。お米の代わりにでんぷんが主成分であるもち米が使われることもありますし、私の母が小さいころから毎年お祝いで作ってくれていた甘酒はもち米で作っていました。

 

甘酒を発酵させるには、米麹にぎっしり詰まった麹菌が生成した酵素が活性化する60度のお湯を加えその温度を数時間保つ必要があります。活性化された酵素はお米やもち米の中の多糖であるでんぷんを単糖であるブドウ糖まで分解しますので、糖化(発酵)が進むと甘さが出てくるのです。発酵を開始して5時間くらいから甘さはしっかり出てきますが、15時間くらいまでゆっくり甘さは増加していきます。甘さは米由来の優しい甘さですが、逆に砂糖が入っていないとは信じられないくらい甘くなり、その糖度は40度半ばを超えるものが多いです。

 

 

 

甘酒と白砂糖を比べてみたら

 

ではなぜ私が甘酒にこんなに熱をいれているのか、ここでお伝えさせてください!

分かりやすいようにザクっと、甘酒・甘麹と白砂糖を比べてみました。

 

 甘酒白砂糖
体への影響・リラックス効果あり
・体を温める
・イライラを加速
・体を冷やす
栄養分栄養分豊富栄養素は全くなし
・必須アミノ酸9種 
・ビタミンB
・ブドウ糖
・オリゴ糖
・ビタミンB 
・ビタミンBを消費する
腸内環境・発酵の過程で生成される栄養分などが善玉菌の餌にもなるので腸内環境には良く、免疫力アップにつながる。・砂糖は悪玉菌の大好物でなので、腸内環境を乱すことに繋がる。

 

 

つまり!

 

普通であれば卵、乳製品、豆、動物性たんぱく質をまんべんなく摂取しないと得ることができない栄養素がすべて甘酒には含まれているんですね。体が衰弱しているときに点滴を打ちますが、甘酒が体力回復に必要な栄養分をしっかり揃えていることで【飲む点滴】といわれていることも納得です。

 

お砂糖の代わりに甘酒の甘さで満足する体に徐々にしていけば、健康な体作りに繋がっていく事は間違いないと思っています。

 

でも、勿論私もお菓子は大好き。ご褒美としてたまに頂きます♪

 

なんだか興味が出て来た!でもどうやって始めたらよいの?

 

代用すると言っても、どこから始めたらよいか?という方は、まずは食品の買い出しの際に甘酒を買ってみてください。そしてそれをとことんご自分が砂糖を使う場面で代用してみるところから始めます。

 

 

コーヒー・紅茶・料理・お菓子作り等々。

 

そしてそれが無理なく出来そうでしたら次はより栄養分や酵素を体に取り入れる為に甘酒作りを家で始めましょう。

 

 

 食生活改善のレッスンを企画しています!

 

体にいいとわかっていてもなかなか続かなそう。。と思っている方に朗報!

 

アトリエドゥコージでもこの自粛期間を利用して、オンラインや遠隔でご参加いただける食生活改善のレッスンを企画しています。このレッスンでは私のパートナーとなる添加物に関して詳しい先生とコラボすることによって添加物によって脅かされる健康について学びながら、添加物が少ない調味料(発酵調味料)の選び方を始め、手作りの発酵調味料を段階的に生活に取り入れていくところまでサポートする6か月のプログラムを企画中です。

 

まずは市販の甘酒を。。とお勧めはしたものの、実はこれは使えそうだ、と気に入ったものに出会える方はラッキー!実は市販のもので全く味がNGなものに私は何度も出会っています。なので私が普段愛用している癖のないもの、扱いやすいもの、を企画中のレッスンの宅配キットに織り込みながら進めて行こうと考えております。

 

詳細は決まり次第又ご案内いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麹をもっと洋食に|Atelier de Koji by CAMOSSONS

麹~KOJI~をもっと洋食へ|Atelier de Koji by CAMOSSONS

麹を使った日本の伝統発酵調味料を洋食文化に広げたい思いで【Atelier de Koji(アトリエ ドゥ コウジ)】が生まれました。発酵マイスター・プロフェッショナル・上級麹士の資格を持つオーナーが、無添加でうまみのある調味料を洋食に使えるようアレンジをし甘酒ケチャップをはじめ様々にご提案致します。ワークショップやポップアップなども不定期で行っております。

屋号 株式会社CAMOSSONS (カモソン)
住所 〒102-0084
東京都千代田区二番町1-2
営業時間 10時~18時
定休日:土日祝
代表者名 オレガン 愛美 (まなみ)
E-mail info@camossons.com

コメントは受け付けていません。

特集