麹~KOJI~をもっと洋食へ|Atelier de Koji by CAMOSSONS 麹~KOJI~をもっと洋食へ【Atelier de Koji(アトリエ・ドゥ・コージ)】にお任せください!発酵マイスター上級麹士の資格を持つオーナーが、日本の国菌である「麹」を最大限に生かし、お子様からご年配の方まで安心してお口にでき、かつ手軽に美味しい味をお楽しみいただける調味料を甘酒ケチャップをはじめ様々にご提案致します!

八海山のあまさけ麹を使った甘麹ケチャップがデビュー

八海山のあまさけ麹を使った甘麹ケチャップがデビューしました

 

甘麹ケチャップ 発酵調味料 八海山 千年こうじや 麹 洋風Atelier de Koji (アトリエドゥコージ)のオーナーが愛してやまない八海山のあまさけ麹を使った甘麹ケチャップがデビューしました。店頭に並ぶケチャップを眺めて感無量。。ここに少し誕生ストーリーを綴ります。

 

事の始まりは、2018年3月の事。2月にサラリーマン生活にピリオドを打ち日本に帰ってきたら絶対やりたいと思っていた発酵食品の勉強を始めることに。東京に暮らして便利なのはセミナーや勉強会などへのアクセスが非常に便利な事。調べた中で一番求めている情報が得れそうな日本発酵文化協会のセミナーを受け始める事にしました。同時にプラスして実際にやはり現場を見たい、という思いが強く、発酵食品に関わるパートの仕事を検索。すると、塩こうじ等の調味料を扱う帰国後ファンになった八海山の傘下にある【千年こうじや】でパートを探しているではないですか。その当時44歳、パート経験、店頭販売経験、食品業界経験全てゼロ。勿論面接なんて呼んでもらえるはずはないとは分かっていながらダメ元で履歴書を人材斡旋会社に送ったところなんと30分後に電話が。。。

 

 

甘麹ケチャップ 発酵調味料 八海山 千年こうじや 麹 洋風半信半疑で伺った面接では採用にあたっていただいた部長さんの八海山へのプロダクト愛を聞き感動し、自分の発酵食品を世界に広めたい思いを伝え、業務の事はほとんど話さずに終了、そしてまさかの採用。

 

そんな具合で飛び込んだ現場では苦労することに。。何故なら当たり前ではあるのだけど、業務は商品を紹介するだけではなく、包装やレジ打ちなどもあるのですから。。。変な冷や汗をかくこと連発でしたが、店長やスタッフの温かいサポートに支えられながら協会で勉強した内容や自分がいつも重宝している塩こうじや甘麹を使ったレシピお客様に伝えてご購入に繋がる事が嬉しくて楽しく一年細々とパートをさせていただきました。今でもマルシェや催事の販売や接客ではここでの経験させていただいたことが大事なベースになっています。

 

(写真はパート時代の銀座シックス店で当時お世話になった店長の阿部さんと:今は発酵プロフェッショナルのお仲間です)

 

 

 

その後甘酒ケチャップを開発し商品デビューをさせてから、お世話になった千年こうじやさんに又ご挨拶をすることになります。「ひょっとして店頭に置いてもらえないかしら」、なんて淡い期待と共に。

 

そこで頂いたのは「店頭に置くのなら八海山のあまさけ麹を使ってもらった方が良いから別途試作みてもらえないか?」というありがたいお言葉でした。そしてレシピを従来の甘酒ケチャップから少し変え誕生した甘麹ケチャップは八海山のすっきりしたあまさけを感じさせるさっぱりとした甘みの非常に上品なプレミアムケチャップとなりました。

 

味もさることながらフランスに長年いた友人のプロダクトデザイナーに依頼したラベルもそのお味に引けを取らず素敵な仕上がりに。プレミアム感がぐっとアップした商品となりました。

 

(写真は八海山の愛を語らしたら止まらない、面接でド素人の私を採用してくださった千年こうじやを運営する魚沼新潟物産の川島部長。発酵や醸造について本当に勉強になる貴重なお話を数々してくださりました。)

 

 

甘麹ケチャップ 発酵調味料 八海山 千年こうじや 麹 洋風

お話を頂いてから数か月後の2019年12月、甘麹ケチャップが店頭デビューし、千年こうじやの各店舗で限定販売にてお取り扱いいただいております。(銀座シックス・豊洲・麻布十番・日本橋のコレド室町2、そして新潟の店舗)

 

写真は麻布十番の店長の増渕さん。私と同じ発酵マイスターであり、発酵食品のセミナーも手掛ける気さくで素敵な方です。商品の企画に辺り色々とお世話になりました。この場を借りて増渕さんを始め、八海山・千年こうじやの関係者の方々に厚くお礼を申し上げます。

 

発酵の力で栄養たっぷりの糖度が高い甘麹をお砂糖替わりに健康志向の方にどんどんお勧めしていきたいという八海山・千年こうじやさんの想いと、Atelier de Kojiの【麹をもっと洋食へ】の想いが重なった、発酵調味料を沢山使った甘麹ケチャップ。リンゴ酢ベースの定番風味クラシックとバルサミコ酢ベースの贅沢なガストロノミックの二種の展開となります。是非お楽しみください!

 

 

↓八海山のセミナールームにも並べてご紹介を頂いております!

 

甘麹ケチャップ 発酵調味料 八海山 千年こうじや 麹 洋風 甘麹ケチャップ 発酵調味料 八海山 千年こうじや 麹 洋風

 

クラシックのお召し上がり例

 

ガストロノミックのお召し上がり例

 

 

 

お取り扱い店:(2020年1月現在)

 

麻布千年こうじや

住所 / 東京都港区麻布十番1-8-9 1・2階
電話番号 / 03-6277-8578
営業時間 /11:00~21:00 定休日 / 火曜

 

銀座千年こうじや

住所 / 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下2階
電話番号 / 03-6263-9800
営業時間 /10:30~20:30 
定休日 / 無休(GINZA SIXに準ずる)

 

八海山千年こうじや

住所 / 東京都中央区日本橋室町2-3-1「コレド室町2」 1階
電話番号 / 03-6262-3188
営業時間 /
〈物販〉月~土 10:00~23:00/日祝日 10:00~22:00 
〈飲食〉ランチ 10:00~14:00
    BAR 平日17:00~23:00(L.O.22:00)
        土曜日15:00~23:00(L.O.22:00)
        日祝日15:00~22:00(L.O.21:00)

定休日 / 無休(不定休日有 ※コレド室町2に準ずる)

 

豊洲千年こうじや

住所/豊洲市場内プロショップ 魚がし横丁

電話番号/03-6633-0826

営業時間/午前6:00~午後3:00

 

千年こうじや本店

住所/新潟県南魚沼市長森627-8

電話番号/025-775-2604
営業時間/9:00~18:00 定休日/無休(元日のみ)

 

雪室千年こうじや

住所/新潟県南魚沼市長森459
電話番号/025-775-7707
営業時間/10:00~17:00  定休日/無休(元日のみ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

麹をもっと洋食に|Atelier de Koji by CAMOSSONS

麹~KOJI~をもっと洋食へ|Atelier de Koji by CAMOSSONS

麹を使った日本の伝統発酵調味料を洋食文化に広げたい思いで【Atelier de Koji(アトリエ ドゥ コウジ)】が生まれました。発酵マイスター・プロフェッショナル・上級麹士の資格を持つオーナーが、無添加でうまみのある調味料を洋食に使えるようアレンジをし甘酒ケチャップをはじめ様々にご提案致します。ワークショップやポップアップなども不定期で行っております。

屋号 株式会社CAMOSSONS (カモソン)
住所 〒102-0084
東京都千代田区二番町1-2
営業時間 10時~18時
定休日:土日祝
代表者名 オレガン 愛美 (まなみ)
E-mail info@camossons.com

コメントは受け付けていません。

特集

麹~KOJI~をもっと洋食へ|Atelier de Koji by CAMOSSONS 麹~KOJI~をもっと洋食へ【Atelier de Koji(アトリエ・ドゥ・コージ)】にお任せください!発酵マイスター上級麹士の資格を持つオーナーが、日本の国菌である「麹」を最大限に生かし、お子様からご年配の方まで安心してお口にでき、かつ手軽に美味しい味をお楽しみいただける調味料を甘酒ケチャップをはじめ様々にご提案致します!

〒102-0084
東京都千代田区二番町1-2

10時~18時
定休日:土日祝