麹をもっと洋食へ by CAMOSSONS 麹をもっと洋食へ

発酵の旅 Vol.2. @愛知から三重へ ”VISON”

愛知常滑から三重へ

 
愛知での出会い、澤田酒造さんの所を訪ねた後ファニーと二人で結成するKuramoTours(蔵元を廻るというクラモトゥールという名前なのです笑)は常滑の街並みを楽しみ、三重へ向かいます。
 

三重のVISONに泊まる

三重ではずっと気になっていたVISONという施設で一泊しました。
 
開放的な空間で新進リラックスが出来るように色々な工夫がされていました。私たちはカジュアルな宿に泊まりましたが温泉クーポンがついていて、施設内にある美しく斬新な(行かなければこの迫力はわからない)温泉も楽しむことが出来ました。夜はヨーロッパにいるような感覚で夜遅くまで外のテラスで食事が出来て気持ちが良かった。
 
     
 
次の日は出発前に楽しみにしていた施設巡りをぐるりと。この場所で一度に色々な食材を見れるのがとても楽しい。出汁、鰹節、昆布、醤油、漬物、味噌。。。と。
 

「美醂」VIRIN de Iseとの出会い

ここでの出会いはVIRIN de Ise の生産者のお二人。今回どうしても旅程で愛知での味醂の蔵の訪問が叶わず、米だけで出来ているこの素晴らしい調味料をどうしても知ってもらいたくてこちらにファニーを連れて行ったのだけど、生産の場所をガラス窓越しに見ながら試飲が出来るのがとてもよかったです。
こちらは三河みりんで有名な角谷文治郎商店さんがが手掛けるお店で、三河の伝統製法でできていますが三重でとれるお米だけで作っているという、これ又レアな味醂。「美醂」という名前も素敵ですよね。
お味はこっくり、というのでしょうかとても芳醇で限りなく甘くものすごく好みです。ほうじ茶とのブレンドも試作として飲ませていただきましたが美味しくて美味しくてやはりここでも大きな瓶を買ってしまいました。これはパリに船便で送って、新居の引っ越しパーティーで開くことにしましょう!
 
 
他にVISONでおもしろかったのは昆布の熟成場所を見させてもらったこと、好きな出汁の素材をミックスしてくれる店があったこと。漬物屋さんの中が臭かったこと笑。
喫煙所がお酒の仕込みタンク?なのにはびっくり。温泉も木桶があると聞いていたから張り切って行ったらお湯が張ってなかったのでこっちは期待外れ笑。
 
 
伊勢神宮からそう遠くないからセットで行くのがお勧めです!
私たちも最終日は伊勢神宮でお参りしてから今回の旅行の最終スポットに向かいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0:00 / 0:01
 
 
 
 
 
 
 
12件以上
 
 
すべてのリアクション:

あなた、他8人

 
 

関連情報

麹をもっと洋食に|Atelier de Koji by CAMOSSONS

麹をもっと洋食へ by CAMOSSONS

麹を使った日本の伝統発酵調味料を洋食文化に広げたい思いで【Atelier de Koji(アトリエ ドゥ コウジ)】が生まれました。発酵マイスター・プロフェッショナル・上級麹士の資格を持つオーナーが、無添加でうまみのある調味料を洋食に使えるようアレンジをし甘酒ケチャップをはじめ様々にご提案致します。ワークショップやポップアップなども不定期で行っております。

屋号 株式会社CAMOSSONS (カモソン)
住所 〒102-0084
東京都千代田区二番町1-2
営業時間 10時~18時
定休日:土日祝
代表者名 オレガン 愛美 (まなみ)
E-mail info@camossons.com

コメントは受け付けていません。

特集